ハイウェイ40号線上の女

ノースキャロライナを東西に走る40号線を毎日行ったり来たりしてる中年女は何を考える? 

ミュージックアルバム

私の年間ベストアルバム 1983年 High Land,Hard Rain 10代最後のメランコリー

それまでは、ロックアーチストはみんな自分よりも年上だった。 ボウイーなんてひと回りも上だったし、パンクやニューウェイブのアーチストもみんなちょっと私よりも年上で、憧れみたいなものがあった。 ラフトレードから出たアズテック・カメラのファースト…

私の年間ベストアルバム 1982年 Too-Rye-Ey みんなで歌うヒットチャート

1982年は私が初めてイギリスに行った記念すべき年です。 高校三年の夏休みだった。 うちは、決して、決して、夏休みに子供を海外にホームステイさせるような裕福な家庭ではなく、逆に高校を卒業したら即就職ということは暗黙のうちに決まっているような家庭…

ラジオのうた ② Burn it Down, Good Guys and Bad Guys, Radio Radio

ラジオのうた、続きます。 6.Burn It Down / Dexys Midnight Runners (1980) 冒頭の1分間はラジオをチューニングしている音です。 はじめはディープ・パープルが聞こえてきて、それからセックス・ピストルズ、そしてスペシャルズで、そこで「あぁ、もうい…

私の年間ベストアルバム 1981年 Clear Cut グダグダでも大丈夫 <B面>

このアルバムを聴いた後、私の購入するレコードの8割方がインディレーベルに激変する。 イギリスにはヒットチャートと並んで、インディチャートが別にあるよね。 それはインディバンドとメジャーバンドを同じ土俵で戦わせるのは全く意味がないからだよね。 …

私の年間ベストアルバム 1981年 Clear Cut グダグダでも大丈夫! (A面)

ラフトレードというインディーレーベルのアーチストのオムニバス盤です。 このレコードは確実に私のポップミュージックに対する概念を変えたレコード! 何で知ったかは覚えてないけど、たぶん当時の私の一番の情報源、渋谷陽一のサウンドストリート辺りだろ…

私の年間ベストアルバム 1980年 Argybargy ワーキングクラスヒーローへの憧れ

1980年、JKの私の妄想は新たな方向に向かっていた。 ファンタジーの世界を離れ、リアルなイギリス人に憧れ始めた。 私の妄想するリアルなイギリス人とは、ロンドンの長屋とかに住んでいて、工場とかに働いていて、週末はパブでビールを飲んで中産階級を…

私の年間ベストアルバム 1979年 Lodger アンダーグラウンドへの旅立ち

1979年のベストアルバムを選ぶのに、私がその年にリアルタイムで購入した中から選ぶのと、後から買い揃えたものも含めて1979年にリリースされたアルバムの中から選ぶのとでは、違ってくる。 前者ならデビッド・ボウイーの「ロジャー」だし、後者ならザ・レイ…

私の年間ベストアルバム 1978年 the Kick Inside 思春期の妄想

今の世代はアルバムなんて買わないらしいですね。 好きなシングルのみダウンロードする、もしくはストリーミングで聴いているだけ。 いけませんね~、 とは言え、最近の私も似たようなもの。 一年に2,3枚しかCDを買っていない。 それほど欲しいCDが無いの…

ハインズの女の子ワールドにどっぷり

音楽を燃料として生きている私なんだけど、新しいCDを買うペースが一年に2枚となりました。 私が高校の時は、バイト代は全てレコードアルバムで散財していたのに、好きな音楽をいつでもどこでも無料で聴けるという、天国のような世の中になるとは、予想もし…