ハイウェイ40号線上の女

ノースキャロライナを東西に走る40号線を毎日行ったり来たりしてる中年女は何を考える? 

アースデイ・プレイリスト 

新型コロナは悪いことばかりじゃないぜ。 温室効果ガスが大幅に減ったり、ベニスの水路にイルカが戻ったり、ウェールズの街中に野生の山羊が降りてきたり。人間中心に考えるのを止めると、新型コロナは良いことかもしれない。

金子みすずの詩、「大漁」のコンセプトと同じだ。

「朝焼け小焼だ、 大漁だ
おおばいわしの 大漁だ。
浜は祭りの ようだけど、
海のなかでは 何万の、
いわしのとむらい するだろう」

あ゛~、ダウナーなみすずさん、童謡界のモリッシーか。 

 

4月22日はアースデイ「地球の日」だね。 

アースデイ・プレイリストを作ってたら、なんだか憂鬱になってきたよ。 本当に、地球は終わりに向かって直進してるんだって実感しちゃってさ。 イヤなことは目を背けたいけど、地球の温暖化だけは、直視しなきゃいけないと思ってる。 かろうじて、好きなアーチストが耳に心地よい声で歌ってくれることが救いかも。

 

And It Rained All Night  / Thom Yorke (2006)

そして一晩中雨が降り、汚れたものが洗い流され
ニューヨークのエアコンの効いた排水溝に流れていく
大きな黒い電車のガタゴトいう音
百万個ものエンジンのギアはニュートラル

時限爆弾はチクタク音をたて
50フィートのコンクリートの地下道
少しでも漏れれば池ができると
僕のイヤホンに囁く
だから僕はリズムに身を任せる
カチコチカチコチ
僕はふらふらでやり返せない
カチコチ鳴る古い柱時計の振り子

見えるが
決してに手が届かない

そして昼夜と雨は降り続き
そのしずくは顔や手に匹敵する大きさ
ミミズが何が起きたかと這い出し、
僕らは川から車を引き上げる

それは容赦なく
姿は見せず
飽くことが無く
議論の余地もなく
確実だ

なのに、どうしてこんなに美しいのか?
どうして月が空から落ちてくるのか

見えるが決して手が届かない

見えるが決して手が届かない

<syco訳>

 

youtu.be

異常気象、豪雨

 

the Earth Die Screaming / UB40 (1980)

静寂を破るを破るのは乾いた生暖か風の音だけ
静まった道路が地上を傷跡のように横切る
人々は目を閉じたまま横たえる もう夢を見ることもない
地球が叫び声をあげて死んでいく
まるで散らばる石ころのように、車が音もたてずに止まっている
オイルが枯れたエンジンがほこりや砂にまみれる
だらりとぶら下がった死体、血も乾ききった
地球がさ悲鳴をあげて死んでいく

地球が悲鳴をあげて死んでいく
地球が悲鳴をああげて死んでいく
国家はきみを必要としている 音楽をかき鳴らせ
 
地球が悲鳴をあげて死んでいく
地球が悲鳴をあげて死んでいく
苦難を物ともせずに、我々の地を守ろう
 
食べかけの皿が食卓の上で腐っている
骨と皮だけの手にお金がしっかり握られてるが
銀行はシャッターを下ろし、取引はない
地球が悲鳴をあげて死んでいく

<syco訳>

 

youtu.be

干ばつ 核

 

Silent Sigh / Badly Drawn Boy(2011)

ぼくらが何を話してるか聞きに来てごらん
人々は月に移住するって
だめ、ベイビー、行かないで、ここに留まって
ここで生きることを諦めないで
きみの魂から心を食い尽くすまで
きみの音無き溜息を押し殺すまで
音無き溜息、音無き溜息、音無き溜息
押し殺して、全てが僕を下におろす
僕らは愛しあうことができるのか


ぼくらが何を話してるか聞きに来てごらん
人々は月に移住するって
だめ、ベイビー、行かないで、ここに留まって
ここで生きることを諦めないで
きみの魂から心を食い尽くすまで
きみの音無き溜息を押し殺すまで
音無き溜息、音無き溜息、音無き溜息
押し殺して、全てが僕を下におろす
僕らは愛しあうことができるのか
でも愛しあっちゃだめだ
だめだ、愛しあうな
もう以前のようにはなれない

 <syco訳>

youtu.be

地球終わった。

  

さて気を取り直して、オマケの写真。 先週、今年初の登山をしました。 

f:id:sycoB:20210421145139j:plain

f:id:sycoB:20210421145033j:plain

Grandfather Mountainという山で、登山口まで家から車で10分なので、私は年に5回ぐらい登る。 標高は1800mだけど、登るのは1000mぐらい。 寒かったせいか、日曜なのに、3組ぐらいしかすれ違わなかった。

ハッピー・アースデイ!!