ハイウェイ40号線上の女

ノースキャロライナを東西に走る40号線を毎日行ったり来たりしてる中年女は何を考える? 

ティーンエイジャーのうた プレイリスト ② 14歳 Love Come in Spurts,Vicky Verky, Eighties Fan

★Love Come in Spurts - Richard Hell & the Voidoids (1977)

元テレビジョンのベーシスト、リチャード・ヘルがボーカルを取ったバンドがこのボイドイズだった。  この曲のギターはギターが魅力ですね~。 イントロから爆発してる。 

うたの内容は一言で要約すると、「14歳と6か月のボクは、愛して愛して狂いそうだ。 苦しい、助けて!」 というような感じ。 ”Love Come in Spurts”は訳すと「愛が激しく流れ出てくる」だけれど、何せ14歳男子の叫びなので、思春期男子のムラムラにしか聞こえない。 でも私は女だし息子もいないのでわかりません。

 

youtu.be

 

★Vicky Verky - squeeze (1980)

前のエントリーにも出てきました。

sycob.hatenablog.com

14歳で妊娠しちゃって、子供を堕ろして、彼氏は少年院に入っちゃって、出てきたら、また同じ彼氏と子供を作ろうねっていう、あまり計画性のない10代のカップルのうたです。  いたよな、中学校でもう、体験をしちゃっている子。 未経験の子たちを、あんたら、まだ子供って見下していて、なぜか私たちは畏敬の念を抱いてた。 14歳で妊娠しちゃったらその先大変なのにね。

その子の髪をかきなでると
フィッシュアンドチップスの匂いがする
琥珀色の街灯の下
少女の心は決めていた
薄暗い夜の湿った空気が
街の灯りの中に静かに下りてくる
たったの14歳だけど
デートの相手を心から知っている
線路の脇まで上がって
ふたりは
横になって
手を取りあい囁きあう
君は僕のもの、僕は君のもの
月は白く汚れが無く
そして少女は変わりかけていた
始めての味をおぼえてるかい
まだ友達はみんな子供だった頃の

youtu.be

 

★Eighties fan - Camera Obscura  (2001)

私の大好きなグラスゴーのLow-FiもしくはTwee バンド、カメラ・オブスキュラの曲にも14歳が出てきますね~。

 

そんなこと大したことじゃないと思う
14歳でズタボロだとしても
あなたの外見なんて
あなたの外見なんて気にすることないわ

その色の組み合わせたらするとおそらく
あなたのお姉さんは80年代ファンよね
でも大丈夫
言わなかったかしら、私の姉も同じよ

こっそりウォッカを盗み飲みしてるけど
母親はきっと見てるよ
だから気を付けて
今度は捕まるよ

家出して安ホテルに行き
リーダーズダイジェストを読んで自分を慰める
ひとりで電話帳の番号に掛けてみる

自分が死ぬことが人生と言うあなた
メロンで髪を洗ったりするか教えて
それに、みんなが自分に恋にしてくれることに憧れる?
でも現実では絶対起きないよね 
絶対に起きない

あなたのいいところを教えてあげる
今教えてあげる、そして絶対に他の誰にも言わない

あなたのいいところを教えてあげる
今教えてあげる、そして絶対に他の誰にも言わない
ほかの誰にも

(Syco 訳)

 うーん、80年代のファンってダサいのか。  まぁ、ワムとかデュラン・デュランとか、わからないでもないけどさ。 姉が80年代のファンってことは、この子は姉のお下がりでも着ていたのかしら。

私の中学生の頃を思うと、この曲の14歳がいちばん、共感しちゃうかな…。 イケてないところがね。

youtu.be