ハイウェイ40号線上の女

ノースキャロライナを東西に走る40号線を毎日行ったり来たりしてる中年女は何を考える? 

プレイリスト

ミュージシャンからミュージシャンへ プレイリスト ⑤ David Bowieと T-Rex "All the Young Dudes"

いろいろあって、間があいてしまったけど、このプレイリストはこれで最終回にする。 ほんとはまだまだあるんだけどね。 これは、モット・ザ・フープルのヒット曲だけど、ボウイーの作品で、歌詞はボウイー・バージョンの方を訳した。 「dude」という俗語から…

ミュージシャンからミュージシャンへ プレイリスト④ David BowieとBob Dylan  "Song For Bob Dylan"

ディランはノーベル賞も取っちゃったし、偉大なミュージシャンなんだろうけど、実は私はあまり知らないんだよね。 2,3曲、好きな曲があるけど、ほんとうに2,3曲止まりなのよ。 アルバムを聴いてみようとか思わなかった。 ボウイーも「砂と接着剤」と形…

ミュージシャンからミュージシャンへ プレイリスト③ The WombatsとJoy Division "Love Will Tear Us Apart"  

ジョイ・ディビジョンのイアン・カーチスが自殺したことで、このポスト・パンク・バンドが神格化されたように思う。 私はニュー・オーダーから遡ってジョイ・ディビジョンを聴いた口なので、リアルタイムでイアン・カーチスの訃報を体験してない。 でも、ニ…

ミュージシャンからミュージシャンへ プレイリスト② Jonathan RichmanとVelvet Underground 

インディ・ロックの先駆者と言えば、ヴェルヴェット・アンダーグランドだ。 インディ・キッズはみぃーんなVUに何かしら影響を受けているんじゃないかしら。 60’sとは思えない音。 時代感が皆無なんだよ。 あるのはカッコ良さだけ。 インディのヒーロー、ジ…

ミュージシャンからミュージシャンへ プレイリスト① Jools HollandとDr. John、 Stevie Wonder とDuke Elington

Dr.ジョンが亡くなって、後継者は私、とか戯言を吐いてたけど、居ましたよ、後継者が! スクイーズのピアニストのジュール・ホーランドですね。 ニューオーリンズ出身ではないけれど、ニューオーリンズへの愛にかけては負けていないわ。 ”Dr.ジャズ”という曲…

春のプレイリスト ② 花が咲いて、虫も這い出す春 Buzz Buzz Buzz, Blossam, the Caterpillar,Flowers in the Window

はいっ、またジョナサン・リッチマンです! でもこの曲、オリジナルは50’sのドゥーワップ・ソングだったのねぇ。 今までジョナサンのオリジナルだと思ってた。 ヒューイ・ルイスなんかもカバーしてる有名な曲らしい。 Buzz Buzz Buzz by Jonathan Richma…

春のプレイリスト① 春の兆し Here Comes the Sun, the Millionaire Waltz, the First Day of Spring

ロックソングは夏や秋の歌はたくさんあるけれど、春のうたってあんまりないんだよね。 ウキウキワクワクしたり、ぼーっとしたりする季節はロック向じゃないのかなぁ。 でも私は春が季節の中では一番好きかも。 田舎に住んでいるから、冬を越したという達成感…

非バレンタインデー プレイリスト 最終回 ぼっち寂しい、誰か愛して!編 Love Me, Please Love Me、Somebody to Love, How Soon is Now

まずは、懐かしのぽるなれふ このブログに上がってくるのは全て懐かしい曲なんだけどさ、この曲は私が子供の時、母が聴いてたんだよね。 フランス語はわからないので訳はナシだけど、英語の部分の 「僕を愛して、お願いだから僕を愛して、ジェスィフールーウ…

非バレンタインデー プレイリスト ③ 捨てられても未練たらたら編 You Don't Love Me (No, No, No), So Lonely, See You

バレンタインデーに向かって、どんどん暗くなっていきます。 捨てられても未練たらたらって見てらんない。 頑張って次に進め!! ★You Don't Love Me (No, No, No) ‐ Dawn Penn (1994) いいえ、あなたはもう私を愛してはいないの今はもうわかってる いいえ…

非バレンタインデー プレイリスト ② キビし過ぎる片思い編 Creep, Two Atoms In A Molecule, Don't be mean

イタい片思いの経験は思い出すのも嫌かも。 しかし忘れられない…。 こうして歌い飛ばすのも克服する手段よね。 まずはネガティブの王道と言えば、モリッシー? いえいえ、レディオヘッドでございます。 大ヒット曲「キモい奴」。 ★Creep ‐ Radiohead (1993) …

非バレンタインデー プレイリスト ① モテない編 Is She Really Going Out With Him, If You Got The Money,Underground

バレンタインデーが近づいているから、ラブソングのプレイリストを作ろうかとも思ったけど、ラブソングなんて山ほどあるし、怠いからやめた。 逆に自分の過去を振り返りつつ、バレンタインデーに寂しい思いをしてる人のためのプレイリストを作ってみた。 ま…

ティーンエイジャープレイリスト 最終回 19歳 Nineteen in Naples, Forever Untitled, 19

まずは、私の大好きなジョナサン・リッチマンの、19歳のときにナポリに行った歌です。★Nineteen in Naples - Jonathan Richman (1998) さて、19の時だったよそりゃもちろん、僕はかなり賢くって、 19の僕はナポリにいたんだよ そうさ 19だよ 19歳がナポリ…

ティーンエイジャープレイリスト ⑥ 18歳 So Cold in Ireland

私のプレイリストに18歳の曲がない!! 18歳は思い出に残る年齢じゃないのかしら。それでわざわざネットで捜して見つけたのがクランベリーズのこの曲です。 90年代にクランベリーズはよく聞いたけど、この曲は知らなかった。 「アイルランドはなぜクソ寒いん…

ティーンエイジャーのうた プレイリスト ⑤17歳 The Beatles and the Stones

17歳はアバの「ダンシング・クイーン」だの、ビートルズの「アイ・ソウ・ハー・スタンディング・ゼア」だの、ストレイキャッツの「セクシー&セブンティーン」だの、カーズの「レッツゴー」だの、17歳の若さピチピチのギャルを賛美するうたは山ほどある。 …

ティーンエイジャーのうた プレイリスト ④ 16歳 House of Fun, Half a person, Blasphemous Rumours

★House of Fun - Madness (1982) 16歳になった男子が薬局にあのゴムを買いに来たんだけど、恥ずかしくて品名を言えず困っているっていう、また下ネタの曲で始まってしまった。 思春期って本当に厄介な時期だわ。 私は適当に聴いていたので、16歳の誕生…

ティーンエイジャーのうた プレイリスト③ 15歳 Jet Boy Jet Girl, Runaway Boys, Sally

★Jet Boy Jet Girl - Elton Motello (1977) これはパンクバンド、ダムドの曲だとばかり思っていたけど違ったのね。 Elton Motello というバンドがオリジナルらしい。 Wikiによると、このバンドのボーカル(下にあるビデオの変な人)とダムドのギタリス…

ティーンエイジャーのうた プレイリスト ② 14歳 Love Come in Spurts,Vicky Verky, Eighties Fan

★Love Come in Spurts - Richard Hell & the Voidoids (1977) 元テレビジョンのベーシスト、リチャード・ヘルがボーカルを取ったバンドがこのボイドイズだった。 この曲のギターはギターが魅力ですね~。 イントロから爆発してる。 うたの内容は一言で要約…

ティーンエイジャーのうた プレイリスト ① 13歳 I Know Very Well How I Got My Name, Penpals, Styrofoam Plates

大晦日も新年も無視して、好き勝手なテーマで書くのよ。 前のエントリーで、周りはみんな「2018年のベスト」を書いてるのに、なぜかここだけ「1983年のベスト」になってたけど、気にしない、気にしない…。 さて正月休みは暇な私は、ティーンエイジャ…

ラジオの歌 ③ Starman, On My Radio, Rock & Roll

3.Starman / David Bowie (1972) 夜中に一人でラジオを聴いていると、不思議な音が入ってきて、それがスターマンから子供たちへのメッセージだったっていう歌です。 今ではボウイーがスターマンになっちゃいました。 しみじみしちゃいますね~。 スターマン…

ラジオのうた ② Burn it Down, Good Guys and Bad Guys, Radio Radio

ラジオのうた、続きます。 6.Burn It Down / Dexys Midnight Runners (1980) 冒頭の1分間はラジオをチューニングしている音です。 はじめはディープ・パープルが聞こえてきて、それからセックス・ピストルズ、そしてスペシャルズで、そこで「あぁ、もうい…

ラジオのうた ① Do You Remember Rock'n'roll Radio, Oh yeah, On Your Radio, Hitsville UK,

歌詞の中にラジオが入っている曲ってたくさんある。 ミュージシャンはみんなラジオを聴いて育ったんだなって思う。 あの時、ラジオからあの曲が流れてきた、みたいな思い出をうたう曲が多い。 その中で私の好きな10曲を、またベストテン形式で。 10. Do You …

こわ~いうた ⑤ 最終回 Its A Fine Day

1位 Jane - Its A Fine Day 83年にイギリスのインディチャートの5位まで行ったんだよね。 これがポップソングと言えるのか? 私は薄気味悪すぎるのですぐに封印しました。 歌詞はこんな感じ… 今日は晴れてて、 人々は窓を開けたまま、 家を出て、 ちょっ…

こわ~いうた ④ Blue Spirit Blues, Subway Song

ベスト3は何かニャン 3位.Bessie Smith - Blue Spirit Blues ブルースの歌詞は暗いけど、このベッツィー・スミスの曲は断トツで暗くて重い。 そして怖い。 昨日夢を見た夢の中で私は死んだ悪霊がベッドの周りを囲んでいた 悪魔が来て私の手をつかんだ灼…

こわ~いうた ③ I've Seen That Face Before,Please Mr. Gravedigger

どんどん怖くなっていくニャン 5位.Grace Jones - I've Seen That Face Before 80年代の顔、グレース・ジョーンズのヒット曲「あの顔は前に見た」が怖い、。 アコーディオンと電子音とグレースの太い声がタンゴのリズムにのって、めっちゃ不気味。 ポラ…

こわ~いうた ② The Lunatics Have Taken Over The Asylum,Come To Daddy

7位.Fun Boy Three - The Lunatics Have Taken Over The Asylum 狂人に精神病院を乗っ取られてしまった、とうたうけど、でもそう信じている患者がキチガイなのかも、とも感じてしまう怖いうたです。 無表情はテリー・ホールの十八番で、それがまさにぴった…

こわ~いうた① "Possum Kingdom", "Little Drop Of Poison "

←私のパートナーのクロちゃんです ハロウィーンが近いので、ちょっと怖い歌を紹介したいと思います。 ベスト10じゃなく、ベスト9となりました。 メロディも歌詞も怖い曲ってなかなか無いんだよね。 洋楽は歌詞の内容が怖くても、長調で軽快な曲が多いから…

ドライブソング ⑦  2-4-6-8 Motorway  ー Tom Robinson Band

1位 2-4-6-8 Motorway ー Tom Robinson Band ジョナサン・リッチマンを抜いて一位になるのはトムロビンソン・バンドです。 だって、この曲を聴くと、胸がキューンとなるんだもの。 1978年のロンドンに憧れていた頃の自分を思い出してね。 ボーカルもギタ…

ドライブソング ⑥ Roadrunner ー Jonathan Richman & the Modern Lovers

2位 Roadrunner ー Jonathan Richman & the Modern Lovers ジョナサン・リッチマンを知っている人には、もう何も語る必要が無いし、知らない人には、どう語って良いか分からない。 私にとっては、こういう人がアメリカの音楽界に存在して、そして70に近い…

ドライブソング ⑤ Michael Penn

3位 Brave New World - Michael Penn 90年代の埋もれた名曲です。 マイケル・ペンは芸能人一家の長男で父は監督、母は女優、次男は俳優/監督のショーン・ペン、三男も俳優のクリス・ペン(残念なことに若くしてクスリで亡くなりました)です。 しかし、…

ドライブソング ④ - Foina Apple/Fast as you can

4位 Fast As You Can - Fiona Apple 90年代の半ばに、初めてフィオナの"criminal"のPVを見たとき、曲は凄いんだけど、クスリをやってる拒食症のスーパーモデルを演じて、若い子にアピールしてるのね、なんて思っちゃったんだけど、実際フィオナ・アップ…