ハイウェイ40号線上の女

ノースキャロライナを東西に走る40号線を毎日行ったり来たりしてる中年女は何を考える? 

マイマイ メトロカード ♪ NYプレイリスト後編 

数えたらここ30年間で、ニューヨークに全部で5回行っていた。 80年代に比べて随分と安全になったとはいうけど、ダウンタウンの辺りとか前に比べて奇麗すぎて詰まらないと言う人もいる。 

私はアメリカで1,2を争う危険な都市、デトロイトの近郊に住んでいたので、体に危険レーダーは備えていると思う。 見た目が貧乏くさいので強盗には合わないと思うけど、ニュースで見た「アジア人のおばあちゃんが通行人に突然殴られる」、みたいな差別犯罪に会うのはごめんだ。

ただ用心しすぎて楽しめるのも楽しめないっていうのも嫌だし、やっぱりバランスだ。 あとは運を天に任せる。 なるようになるさと考えるとだいたい大丈夫、というのが今までの人生だったからな。

 

後半は90年代からの曲。 ちょっとニューヨークに対してネガティブな曲が多いかも。

ル・ティグラの『メトロカード』 ニューヨークの地下鉄を乗るときに使う、日本のSuicaのようなものだね。

 

My My Metrocard / Le Tigre (1999)

体を起こして空気を吸う
準備万端、今日はツイている日
何でもできそう
すべて思う通りに行きそう


私の、私の、メトロカード
私の、私の、メトロカード
私の、私の、メトロカード
ちょっとと思っても、行き過ぎる

あぁ、くそったれ ジュリアーニ**
あいつは本当に 最低な奴だ
全てのストリップ小屋を
閉鎖しやがった
勤労福祉制度は
機能しない

私の、私の、メトロカード
私の、私の、メトロカード
私の、私の、メトロカード
ちょっとと思っても、行き過ぎる

次の駅
アトランティック通り
次の駅
クリストファー街
次の駅で
乗り継いで
次の駅で
AかCかEの電車

<Syco訳>

*ジュリアーニは当時はニューヨーク市長だったね。 トランプの弁護士になって、本当にクソみたいなヤツだってことが証明されたわ。 

 

youtu.be

 

ニューヨーク出身のバンドLCD Soundsystem。 カーミットもNY出身だったんだね。 セサミ・ストリートはニューヨークにあるんだ。

New York, I Love You but You’re Bringing Me Down / LCD Soundsystem (2007)

ニューヨーク、君が大好きだけど
がっかりさせられるんだ

ニューヨーク、君が大好きだけど
がっかりさせられるんだ

籠の中のネズミのように
最低賃金を引っ掻き回す

ニューヨーク、君が大好きだけど
がっかりさせられるんだ

ニューヨーク、安全になった
そして僕の時間を無駄にする

僕の記録によると
君は汚いけど大丈夫らしいよ

でも商店街のシャッターは降ろされ
扉を開けると
暇を持て余した警官がいる
犯罪が無くなってしまったから

ニューヨーク、君は完璧だ
お願いだから変わらないでいて

君の億万長者の市長は
自分がここの王様だと信じてる

その刺激のなさが
みんなの敬意を失わせる


近くのバーで
僕はかって酒を飲むのを夢を見ていた

ニューヨーク、君が大好きだけど
びっくりさせられるんだ


ツイストはたくさんあるのに
シャウトが無くなっている

ホールで誰かが死んで
それを壁越し聞くみたいな

ニューヨーク、君が大好きだけど
びっくりさせられるんだ

ニューヨーク、君が大好きだけど
がっかりさせられるんだ

ニューヨーク、君が大好きだけど
がっかりさせられるんだ

ニューヨーク、君が大好きだけど
がっかりさせられるんだ

まるで心臓が止まったみたい
あぁ、どこから話したらいい?

でも君はいまだにひとつの池で
ぼくは喜んで飛び込みたい

そして、そうだ、僕をグループリストから外してくれない?
いまだに信じている子供たちのリストから
そうだよ、いまだに信じている子供たちのリストから

多分僕が間違っている
そして正しいのはきみだ
間違っているかも
君が正しいのかも

君が正しいのかも
僕が間違っているのかも
本当に君のほうが正しいのかも

そしそ、そうだ
たぶんママが言っていたことは正しいのかも
常に君の力になってくれる何かがある
決して独りぼっちじゃないと

でもママは間違っているかもしれない
僕が正しいかもしれない
やっぱりママが間違っているかもしれない

ママは間違っているのかもしれない
僕が正しいのかもしれない
そうだとしたら、誰かいるの? 

<syco訳>

 

youtu.be

 

この、ちょーっカッコいい曲は、実はアホみたいなこと言ってたんだね。 ラリってお腹を空かしているってうた。

Stoned and starving / Parquet Courts (2012)

俺はクイーンズ区のリッジモンド街をあるいていた
雑誌をペラペラめくりながら
俺はかなりハイで腹も空いていた

そうさ、俺はレシピを読んでいて
『これって食えるか?』と自分自身に聞いていた
俺はかなりハイで腹も空いていた

俺はスクラッチの宝くじを削り
何を飲もうか考えていた
俺はかなりハイで腹も空いていた

そうさ、俺はレシピを読んでいて
『これって食えるか?』と自分自身に聞いていた
俺はかなりハイで腹も空いていた

魚の形したグミはどうかな
ピーナッツかリコリスもいいな
俺はかなりハイで腹も空いていた

俺は札を丸めて握っていた
俺はタバコの害について読んでいた
俺はかなりハイで腹も空いていた

そうさ、俺はレシピを読んでいて
『これって食えるか?』と自分自身に聞いていた
俺はかなりハイで腹も空いていた

<Syco訳>

youtu.be

 

SBTRKTはイギリスのDJらしいけど(よく知らない)エズラ・クーニングはヴァンパイア・ウィークエンドのメンバーだったから、ニューヨーク出身だね。 歌詞の意味はさっぱり分かりませーん。

New dorp. new york  / SBTRKT feat. Ezra Koenig - (2014)

俺の彼女は最小限の物しか持たず
次のガラクタが来るまでとっておいて
したたかな人間も浮浪者にみえる
俺の彼女は町を機能させ
金の元となる王国の鍵を持つ
カレンダーを見ることも日の光も見ることもない
(俺はマイナス1だって)

マンハッタンではためく旗
ニュードープ、ニューヨーク
ガーゴイルがオイルでうがいする
帝国の山頂、岩のてっぺん

マンハッタンではためく旗
ニュードープ、ニューヨーク
ガーゴイルがオイルでうがいする
帝国の山頂、岩のてっぺん

俺の彼女は小技を使う
子供に食べさせながらコートのチャックを上まで上げて
張り詰めた空気の冬が終わるのを待つ
俺の彼女はリムジンを手に入れた
それをピカピカに保つためにフルタイムで働く
スピーカーをトランクに入れる どこで終わるかわかるだろう?
(俺はマイナス1だって)

マンハッタンではためく旗
ニュードープ、ニューヨーク
ガーゴイルがオイルでうがいする
帝国の山頂、岩のてっぺん

マンハッタンではためく旗
ニュードープ、ニューヨーク
ガーゴイルがオイルでうがいする
帝国の山頂、岩のてっぺん


ニュードープ、ニューヨーク

深夜、黒いヘブライ人
消えそうな明かりの下で白人の女たちが歌っている
ホームランを打たない野球のバット
深夜、黒いヘブライ人
消えそうな明かりの下で白人の女たちが歌っている
ホームランを打たない野球のバット

俺は野球のバットを手に入れたけど、決してホームランを打たない

<Syco訳>

 

youtu.be

 

リストを作っているうちに、ニューヨークに着いてしまってる。

急いでレゲエで終わります。 レゲエなのに、ニューヨーク・ブギ。歌詞は見つからなかったので訳は無しで。

 

youtu.be

 

オマケ四コマ

運を使い果たした話 <先回の続き>