ハイウェイ40号線上の女

ノースキャロライナを東西に走る40号線を毎日行ったり来たりしてる中年女は何を考える? 

ビートルズで3曲選ぶとしたら

世界は、コロナで憂鬱なムードだから、ビートルズのベスト3曲を考えたら、気分が軽くなるかなぁ…。

ビートルズのアルバムは一枚も持ってなかったけど、曲は全部知っていると思う。 なぜなら、昭和にはビートルマニアがたくさんいて、レコードをダビングしてもらって、いつの間にか全アルバムがカセットテープで揃ったから。

ビートルズは他のアーチストとは桁違いに名曲があり過ぎる、っていうか全ていい曲に聴こえる。 駄作が見つからないよ。 でもその中で3曲だけ選べと言われたら、どれになる?  たぶん、マニアになればなるほど、カッコいい曲を選ぶんだろうなぁ。

そういえば、中学の時にビートルマニアの女子がいて、生真面目で地味で全く目立たない子で、私は同じクラスになったことはなかったんだけど、なぜかビートルズのフィルムコンサートはその子と一緒に何回も行った。 別に友達でもなくて、それ以外の付き合いは全くなかったし、なんか不思議な関係だったな。 そして、その子が一番好きな曲が「ディア・プルーデンス」だと言った時、うわっ、カッコいいって思った。 私の一番好きな曲は当時、「ペニー・レイン」とかだったと思う。 なぜか負けた気がしたな。 

その子は高校を卒業してどこかの銀行に勤めて、私が新潟の古町発(当時一番の繁華街)10時半の終バスに乗ると、その子も100%必ず疲れた顔をして乗っていたのを憶えている。 でも、ずっと考えてるんだけど、彼女の名前が思い出せないっ!

さて、私のビートルズのベストはこの三曲です!

 

① Blackbird 

しんとした真夜中に黒いツグミが鳴いている、
壊れた羽根で飛ぼうとかんばる
おまえは今までずっと 
ただ飛び立つ瞬間を待っていたんだね

しんとした真夜中に黒いツグミが鳴いている
疲れた目で見ようとがんばる
お前は今までずっと
ただ飛び立つ瞬間を待っていたんだね

飛び立つんだ、黒いツグミよ、飛び立つんだ
闇夜を照らす灯りを目指して
 
飛び立つんだ、黒いツグミよ、飛び立つんだ
闇夜を照らす灯りを目指して

しんとした真夜中に黒いツグミが鳴いている、
壊れた羽根で飛ぼうとかんばる
おまえは今までずっと 
ただ飛び立つ瞬間を待っていたんだね
ただ飛び立つ瞬間を待っていたんだね
ただ飛び立つ瞬間をまっていたんだね
ただ飛び立つ瞬間を待っていたんだね

 <Syco訳>

私のビートルズの一番はこの曲ね。 優しいメロディなのに、歌詞が力強くって、応援歌だね。 小鳥がチュンチュン鳴いて可愛いし、アコースティックギターに癒される。 大好き!

 

② For No One

君の一日が始まる、君の頭は痛む
数々の優しかった言葉が頭の中にいつまでも残る、
彼女がもう君が必要じゃないとわかったから

彼女は起きる 化粧をする
ゆっくりと時間をかけて、急ぐ気配もない
彼女はもう君が必要じゃない

そして彼女の瞳には何も映らない
その涙の向こうに、何の愛も見えない
誰かのために泣いてはいない
愛は何年も続くと思っていたのに!

君は彼女が欲しくて、彼女が必要で
彼女は愛は終わったと言った時は寝耳に水だった
君にはまだ彼女が必要だ

そして彼女の瞳には何も映らない
その涙の向こうに、何の愛も見えない
誰かのために泣いてはいない
愛は何年も続くと思っていたのに!

君は家に留まり、彼女は出ていく
私が昔知っていた誰かはもういないと彼女は言う
彼女は彼を必要としない

君の一日が始まる 君の頭は痛む
彼女がくれたすべての言葉が彼の頭の中を埋めていく
君は彼女を忘れはしないだろう

そして彼女の瞳には何も映らない
その涙の向こうに、何の愛も見えない
誰かのために泣いてはいない
愛は何年も続くと思っていたのに!

 <Syco訳>

こういった、とってもやりきれない曲に惹かれるのよね。 彼女が一気に冷めていっているのに、全く現実を受け入れられない彼。 ポールのメロディは淡々としていて、それが彼女の彼に対する気持ちみたいで、なんかとっても切なくなっちゃう。 


 All My Loving

目を閉じてね きみにキスをするから
明日は君はもういない
僕はいつも君だけだってこと忘れないで
そして僕は遠くから、
毎日君に手紙を送るよ
そして僕の愛をたくさん送るよ

君を想像してキスの真似をすると
その唇が恋しくなる
君に会う夢がかなうといいな
そして僕は遠くから
毎日君に手紙を送るよ
そして僕の愛をたくさん送るよ

愛をたくさん、君に送るよ
愛をたくさん、ダーリン、僕は君だけ

<Syco訳>

 歌詞はどうってことないんだけれど、一気にテンションが上がる曲。 前奏無しでいきなり始まると、なんかビートルズを初めて聴いたとき、こんないいメロディが世の中に存在するなんて!!! って、感動した当時の想いが蘇るんだよね。 終わるのも唐突で、拍子抜けする感じもいいなぁ。 初期のビートルズ。

 

f:id:sycoB:20200301145758j:plain

 おまけの写真。 いつも庭にくる赤帽のキツツキくん。 キツツキ君は空から来ないんだよ。 地上をピョンピョン飛び跳ねて、下から木に登っていくんだよ。