ハイウェイ40号線上の女

ノースキャロライナを東西に走る40号線を毎日行ったり来たりしてる中年女は何を考える? 

反対語タイトル選手権 ③ Look Back in Anger VS. Don't Look Back in Anger

怒りをこめて振り返るのはデビッド・ボーイ、過去を振り返って怒ったりしないとうたうのはオアシスだけど、逆じゃねーかと感じるのは、私だけ?

 

Look Back in Anger / David Bowie (1979)

「私が誰かわかるだろう?」
そう言ったのは天使だった
彼は咳をしてくしゃくしゃの翼を震わせ
目を閉じ、その唇が動いた
「さぁ、行こうではないか」

(長いこと待っていた、本当に長いこと待っていた)
怒りを込めて振り返れ 夜に駆り立てられて
おまえが来るまで
(長いこと待っていた、本当に長いこと待っていた)
怒りを込めて振り返れ 俺の瞳にそれを見ろ
おまえが来るまで

誰もその声が聞こえないらしい
だから俺は雑誌をペラペラめくって
あくびをして目をこする
彼はかなり正気に思えた
(長いこと待っていた、本当に長いこと待っていた)
怒りを込めて振り返れ 夜に駆り立てられて
おまえが来るまで
(長いこと待っていた、本当に長いこと待っていた)
怒りを込めて振り返れ 俺の声にそれを感じろ
おまえが来るまで

<syco訳>

 

youtu.be

相変わらず、象徴的なボウイーの歌詞だ。 待っていた天使様がやっと迎えに来たけど、彼の過去は怒りに満ちていたってことかな。


Don't Look Back in Anger/ Oasis (1995)

君の心の目を覗く
もっと楽しい場所が
あることに気づかないかい
そんな場所に行ったことがないと君は言うけれど
君の記憶は全て
ゆっくりと消えていく

だから僕はベッドの上で革命を起こす
だって君は僕が自惚れていると言ったよね
花が満開の夏に表に出なよ
暖炉の前から腰を起こして
そんな表情はやめるといい
君は僕の心を焦がすことはできないよ

だからサリーは待ってくれる
一緒に歩くと
もう遅すぎることに彼女は気づく
彼女の心は徐々に離れていく
でも過ぎたことを怒らないで
彼女がそう言うのが聞こえた

君が行くところに僕も連れて行って
誰も知らないところに
昼夜構わない
でもお願いだから、ロックバンドに
君の人生を捧げることはやめてほしい
それは全てを台無しにするから

だから僕はベッドの上で革命を起こす
だって君は僕が自惚れていると言ったよね
花が満開の夏に表に出なよ
暖炉の前から腰を起こして
そんな表情はやめるといい
君は僕の心を焦がすことはできないよ

だからサリーは待ってくれる
一緒に歩くと
もう遅すぎることに彼女は気づく
彼女の心は徐々に離れていく
でも過ぎたことを怒らないで
彼女がそう言うのが聞こえた
とりあえず今日だけは

<syco訳>

 

youtu.be

ボウイーの「怒りをこめてふりかえれ」はそんなに有名じゃない。 PVがあるから、シングルカットされたんだね。 アルバム「ロジャー」自体が評価が低いけど私はこのアルバムでボウイーを知ってファンになったから、一番印象に残るアルバムだ。
一方、オアシスの方は大ヒット曲。 ノエル兄貴のボーカルね。リアムよりも歌い方に感情がこもってるわ。「怒るな」って、兄弟げんかが絶えないお前らが言うな、とツッコミたくなるけど。


私は最近めっきり怒らなくなったな。 去年までは米国のサイコパス大統領が出てくるたびに腹がたったけど、もうあいつは居ないしな。 できれば今後も怒らずに過ごしたい、そして、世界平和がやってくることを願って、オアシスの勝ちとする。

 

f:id:sycoB:20210711135104p:plain